アメリカと日本を繋いだ偉人・ジョン万次郎の経歴・人生について

ジョン万次郎の人生
ジョン万次郎の人生
偉人の人生

ジョン万次郎とは?

不思議な人生を送り活躍をした人物

ジョン万次郎をご存知でしょうか?ジョン万次郎とは、とても不思議な流れで人生を送っていった、江戸時代末期~明治の偉人です。生まれは貧しかったジョン万次郎がなぜ偉人になっていったのか、とても興味深いですよ。

ジョン万次郎の銅像

ジョン万次郎の銅像

ジョン万次郎の経歴・人生

貧しい家に生まれたジョン万次郎

ジョン万次郎は1827年1月27日、高知県佐清水市中浜(当時は土佐の中浜)の漁師の家に次男として生まれました。中々貧しい家だったそうですが、なんと9歳の時に漁師の父親が亡くなってしまい、幼い頃から働くことを余儀なくされます。この生まれ、この流れがジョン万次郎の人生を不思議なものにしていきます。

海で遭難し無人島へ

9歳から働かなければいけなくなったジョン万次郎は漁に出るようになります。そして、14歳になった頃、海で仲間と共に遭難してしまい、無人島である「鳥島」に漂着します。鳥島は現在、東京都ということになっていますが、東京から随分離れた太平洋に浮かんでいる島です。

この鳥島に漂着してしまったジョン万次郎と仲間達は、なんと143日間も無人島生活をして生き延びました。ここがジョン万次郎の興味深い人生の1ポイント目です。

鳥島 画像

鳥島 画像

アメリカの船に助けられる奇跡

漂着から143日経ち、偶然にもアメリカの捕鯨船によって助けられます。しかし、当時の日本はまだ鎖国をしていたので、もしアメリカの船に乗って日本に行こうものなら殺されてしまう可能性すらありました。ですので、アメリカの船に乗せてもらい、ジョン万次郎の仲間達はハワイに降ろしてもらうことになります。

しかし、ジョン万次郎は船に残ることを決意。ジョン万次郎を気に入ってくれた船長は養子とすることを決意しジョン万次郎をアメリカに連れ帰ったのです。この時に乗っていた船の名前が「ジョン・ホーランド号」と言い、この名前に因んで「ジョン・マン」というあだ名がつけられます。船の名前と万次郎という名前が合わさった瞬間です。今でもアメリカ人の中で、ジョン万次郎はジョン・マンと呼ばれていますね。

アメリカでの生活

当時は鎖国されていましたので、ジョン万次郎がアメリカに訪れた初めての日本人となりました。ジョン万次郎が船長の養子となり住んでいたのが、「マサチューセッツ州フェアヘーブン」という所です。

この場所で沢山勉強をさせてもらい、英語が全く喋れないところからスタートしたにも関わらず、ジョン万次郎は主席卒業するほど努力したのです。貧しい生まれで勉学をそこまでしていなかったことを考えますと、凄く努力したことが想像出来ますよね。

マサチューセッツ州フェアヘーブン

マサチューセッツ州フェアヘーブン

アメリカの学校を卒業した後、ジョン万次郎は捕鯨船に乗ることで再び海の男になります。そして、数年間経った後に日本に帰国することを決意しました。

日本へ帰国しアメリカの知識を役立てる

ジョン万次郎は現在の沖縄県に上陸し、その後薩摩に送られ、二年間尋問を受けます。そしてようやく、生まれた土地である土佐に戻ることが出来ました。この時、ジョン万次郎は日本語を忘れていたので、外国語に詳しい日本人を間に入れて尋問を受けていたそうです。

その後、アメリカの情報を知りたかった江戸幕府に呼ばれ、中浜という苗字を授けられ、中浜万次郎という名前を名乗り始めます。当時はペリー来航があった時代でしたので、ジョン万次郎の情報はとても貴重なものだったのです。

ペリー来航 画像

ペリー来航 画像

スパイ疑惑がかかるも尽力

ジョン万次郎はとても勤勉な人間でしたので、翻訳・通訳・船に関することに精力を注ぎ、教授としても懸命に働いていました。ですが、スパイ疑惑がかかってしまい教授を解任されます。しかしジョン万次郎は諦めることなく、日米が正しく繋がれるように尽力しました。

精力的に活動するも病気に

日米修好通商条約の批准書を交換するために派遣された海外使節団の一人にジョン万次郎は選ばれ、勝海舟や福沢諭吉などと共に船に乗り込みます。因みに、批准書とは国家同士が条約に同意する為の書類のことです。

そうして日本の為に懸命に働き続けたジョン万次郎でしたが、明治3年に病気にかかってしまいます。その病気を機に精力的活動を抑えて静かに暮らすようになり、明治31年・享年71歳で亡くなりました。

ジョン万次郎の墓

ジョン万次郎の墓

ジョン万次郎の人柄

少年心をくすぐるような凄い人生を送ったジョン万次郎ですが、その人柄はとても謙虚で素晴らしい人物でした。自身が貧しい生まれだったこともあってなのか、貧しい人を見れば施しを与え、政治家になるよう言われても断り、教育の道を進んだジョン万次郎。

ジョン万次郎の生きてきた経歴もとても興味深いのですが、自身に何があっても芯をブレさせず、強い信念を持って生きていたことが伺えます。

ジョン万次郎の豆知識

ルーズベルト大統領の憧れだったジョン万次郎

ジョン万次郎の人生はアメリカでもとても有名で、ジョン万次郎が育ったマサチューセッツ州フェアヘーブンでは毎年10月にジョン・マン祭りが開かれるほど。そして、なんとフランクリン・ルーズベルト大統領にとってジョン万次郎は憧れの人物でもあったのです。

実はジョン万次郎を助けてくれた捕鯨船の船長の親友がルーズベルト大統領の祖父で、ルーズベルト大統領の祖父はルーズベルト大統領にジョン万次郎の話しをよくしており、幼い少年にとってジョン万次郎は憧れの人となりました。

その後、ジョン万次郎の長男宛てにルーズベルト大統領から手紙が届けられたというエピソードもあります。

フランクリンルーズベルト大統領

フランクリンルーズベルト大統領

ゴールドラッシュに乗っていた

ジョン万次郎はアメリカから帰国しましたが、帰国するのには船を買ったりなどのお金がかかります。実はそのお金を、あのアメリカンドリームで有名なゴールドラッシュで稼いでいたのです。ジョン万次郎は数か月で600ドルの金を採掘したそうですね。

ゴールドラッシュ 切手

ゴールドラッシュ 切手

数々の英雄に影響を与えたジョン万次郎

少し有名人の名前が先述しましたが、ジョン万次郎の影響を受けた有名人は沢山おり、その中には坂本龍馬も含まれます。

鎖国当時に、11年もアメリカで暮らした経験を持つジョン万次郎の存在はとても貴重でしたし、人柄もとても良かった為に慕われていたようですね。幕末の英雄たちに影響を与えたジョン万次郎は、日本を変えた一人と言えるのかもしれません。

坂本龍馬 画像

坂本龍馬 画像

恩師との再開

帰国を果たしたジョン万次郎でしたが、助けてくれた船長とニューヨークで再開を果たします。明治3年に再開したそうなので、帰国してから20年程経った頃のことです。幼い頃に父を亡くし、遭難しているところを助けて養子にしてくれた父代わりの船長と再開を果たした時は、きっと喜ばれたことでしょう。

まとめ~ジョン万次郎の人生~

今回の「アメリカに初めて訪れた偉人・ジョン万次郎の経歴・人生について」はいかがでしたでしょうか?

小説に出てくるような、少年心をくすぐる人生を生きたジョン万次郎。しかし、ジョン万次郎の人生は偶然だけで作られた訳ではなく、英語も話せない中で主席をとるような努力もありました。努力だけで作られた人生では無いかもしれませんが、努力があってこその人生であったことは間違いありませんよね。不幸なこと出来事が導いた素晴らしい人生は、いかなる時も諦めずに人生を生きるべきだということを教えてくれます。