戊辰戦争を戦った偉人・榎本武揚の経歴・人生について

榎本武揚の人生
榎本武揚の人生
偉人の人生

榎本武揚とは?

最後まで幕臣として戦った偉人

榎本武揚とは、戊辰戦争において最後まで幕臣として戦った偉人です。討幕軍へ最後まで抵抗したことで有名な方ですね。最後は責任をとるため自刃しようとしますが、大変優秀な方だったため自刃を止められ、その後は新政府で活躍します。

榎本 武揚 画像

榎本 武揚 画像

敗北後は新政府で活躍

討幕軍と戦いきった榎本武揚でしたが、いざ新政府の元で働き始めてからは優秀さを発揮し、外相、農商務相などを歴任します。元々は幕臣でしたが、明治の政治家として最終的には活躍し、人生を終えました。

榎本武揚の経歴・人生

東京(江戸)で生まれた榎本武揚

榎本武揚は1836年に東京都台東区浅草橋付近で生まれました。当時の住所で言えば「江戸下谷御徒町柳川横町」になります。次男として生まれたので、元々の名前は釜次郎。兄は鍋太郎と言い、父は「鍋と釜さえあれば生きていける」という意味を込めて名前をつけました。

沢山学んだ青年期

榎本武揚は幼い頃から儒学・漢学・蘭語・英語を学びます。英語を教えてくれたのは、アメリカに初めて訪れた後に日本で活躍したジョン万次郎です。ここでしっかりと勉学を積んだことも後々に生きてくるようですね。

ジョン万次郎 画像

ジョン万次郎 画像

操船技術の学校へ

1857年、榎本武揚は長崎海軍伝習所という学校に入ります。長崎海軍伝習所とは船の学校で、ここに入ったことが榎本武揚の後々の人生を作っていきます。1858年に修了したあとは築地軍艦操練所の教授となりました。

オランダ留学

1861年、幕府はアメリカから蒸気軍艦を発注、1862年にはオランダにも発注します。その流れで榎本武揚ら数名をオランダへ留学させることになりました。このオランダ留学は無人島に漂着するなど様々な困難があったのですが、最終的には無事にオランダに到着し、軍艦に関する技術と知識を学びます。

帰国と結婚

1867年に日本へ帰ってきた榎本武揚は、幕府から開陽丸の艦長を任されます。それと同時に布衣も許されました。布衣とは江戸幕府の服制の一つで、布衣を着ることが出来ることは偉くなったことを表します。

この頃、オランダ留学仲間の妹「たつ」と結婚をします。

戊辰戦争の始まりと徳川慶喜との関係

榎本武揚が結婚した頃、日本国内では倒幕の流れが加速していました。あの西郷隆盛や坂本龍馬が結束し、精力的に活動をしていた時代です。

そして大政奉還や王政復古などが起こった後、榎本武揚は徳川慶喜と謁見し協議をしにいきます。しかし、なんと徳川慶喜が榎本武揚の乗ってきた船に乗り込み、榎本武揚を置き去りにして江戸へ帰ってしまうのです。これ以来、榎本武揚は徳川慶喜のことを嫌い、同じ写真に写ることも拒否するようになります。

五稜郭を占領、蝦夷共和国を樹立

その後江戸に戻った榎本武揚は海軍副総裁になったのですが、軍艦を8隻率いた艦隊を編成し北上。箱館五稜郭に入り、「蝦夷共和国」の樹立を宣言し、榎本武揚は選挙で総裁になります。独立政権を作り政府軍と戦う為ですね。

因みにこの時、まだ世界的には日本の政府=江戸幕府という感覚で、明治新政府も蝦夷共和国もあまり認めてもらえていなかったようです。

五稜郭 画像

五稜郭 画像

新政府軍との戦い

榎本武揚は新政府軍と軍艦を使って戦い抜きましたが、運の悪さも続き、状況はどんどん悪くなっていきます。新政府軍の総攻撃により船も沈み仲間も死んでいく中で脱走兵も相次ぎましたが、榎本武揚は降伏勧告を拒否し、戦おうとします。

返礼と降伏、自刃

榎本武揚は国際法の書物である「海津全書」を、新政府軍の参謀に届けました。その返礼としてお酒やマグロをもらったことをきっかけに、一日だけ休戦をします。その一日を使って軍議を行った結果、降伏することを決断しました。

敗戦の責任を感じた榎本武揚は自刃しようとしますが、通りかかった大塚という方に止められ生き残りました。その後五稜郭の武装解除が行われ、戊辰戦争が終結します。

戊辰戦争終結後

戊辰戦争終結後、しばらくは投獄されていた榎本武揚でしたが、特赦によって許された後、明治政府の元で活躍していきます。ロシア特命全権公司、外務省、海軍卿、皇居関連などを歴任した後、文部大臣や外務大臣などになって活躍。

東京農業大学を設立したりなど教育面においても日本に貢献しました。政界から去ったあとは向島に移り住み、穏やかに暮らします。

晩年の榎本武揚 画像

晩年の榎本武揚 画像

病に倒れ逝去

政界から去った11年後の明治41年、榎本武揚は病に倒れ、数か月後に亡くなりました。享年は73歳です。お墓は今も東京都の吉祥寺にありますね。

榎本武揚 銅像

榎本武揚 銅像

榎本武揚の名言

学びてのち足らざるを知る。

「学びてのち足らざるを知る」は榎本武揚の名言として知られていますが、これは実は中国から来ているようです。「学びて然る後に足らざるを知り、教えて然る後に困しむを知る」という言葉が、五経の一つにあり、これは「学ぶと自身に欠けている部分が分かる。教えると自身の未熟さが分かる。」という言葉です。

そして、榎本武揚は前半の学びのところを言ったようです。学んでいるということは足らないところがあるということですので、納得する言葉ですよね。

人為の階級こそ差はあれとも

「人為の階級こそ差はあれとも、その教育に対するに至りては同じく共に責任を負ふものなり。
同じ釜の飯を食ふものなり。」という言葉も榎本武揚は残しました。これを少し分かりやすく言うと、「階級の違いがあるけど、教育する人の責任の重さに階級は関係無い。同じ釜の飯を食う者だ。」となります。

名前が釜次郎なだけに、釜を使った言葉はインパクトがありますね。

榎本武揚の豆知識

榎本武揚は箱館で独立政権を作りましたが、その際は資金が足りず苦労したようです。その為、通行税をとったり売春婦から税金をとったりするなど、ちょっと強引なやり方でお金を集めたそうです。そのため、榎本武揚は函館住民からは評判が良くなかったようですね。

まとめ~榎本武揚の人生~

今回の「戊辰戦争を戦った偉人・榎本武揚の経歴・人生について」はいかがでしたでしょうか?

榎本武揚は幕臣として戦いましたが破れてしまいました。しかし、その後は明治政府で活躍をしています。自刃を考えたそうですが、その後日本に大きく貢献をしたことを考えますと、亡くならなくて本当に良かったと思えますよね。何か大きな失敗をしても、またチャンスはあるかもしれません。大きな躓きがあった時に、榎本武揚の人生を思い返してみましょう!